• BIOGRAPHY

    井出 和希(IDE Kazuki)

    [CV] (2017年6月3日更新)

    ResearchGate ResearcherID researchmap 教育研究活動DB(京都大)

     

    学歴

     

    2016年9月 静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府 博士後期課程 薬科学専攻 早期修了(飛び級), 博士(薬科学)

    2013年4月 静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府 博士後期課程 薬科学専攻 入学

    2013年3月 静岡県立大学大学院薬学研究科 博士前期課程 薬科学専攻 修了, 修士(薬科学)

    2011年4月 静岡県立大学大学院薬学研究科 博士前期課程 科学専攻 入学

    2011年3月 静岡県立大学薬学部薬科学科卒業, 学士(薬学)

    2007年4月 静岡県立大学薬学部入学

    2007年3月 静岡理工科大学星陵高等学校卒業

     

    職歴

     

    2016年12月 リアルワールドデータ株式会社 技術指導(~現在; 兼務)

    2016年10月 京都大学 大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 薬剤疫学分野 特定助教(~現在; 本務)

    2016年10月 静岡県立大学 客員共同研究員(~現在; 兼務)

    2015年4月 日本学術振興会 特別研究員 DC2(~2016年9月)

    2013年10月 静岡県立大学 ティーチング・アシスタント(~2014年2月)

     

    所属研究室

     

    博士後期課程:医薬品情報解析学講座(山田浩 博士、川崎洋平 博士)

    博士前期課程:医薬生命化学講座(2年次 生物薬品化学講座出向)(奥直人 博士、武田厚司 博士)

    学士課程:生薬学分野(野口博司 博士、渡辺賢司 博士)

     

    賞罰

     

    2015年5月 日本学生支援機構 「特に優れた業績による返還免除」(全額)

    2014年12月 平成26年度病院薬局実務実習発表 最優秀賞

    2014年9月 ESPEN 2014 Outstanding Abstract

    2014年3月 日本薬学会 第134年会 講演ハイライト

    2014年3月 茶学術研究会 学術奨励賞

    2013年5月 日本学生支援機構 「特に優れた業績による返還免除」(半額)

    2013年3月 日本薬学会 第133年会 優秀発表賞

     

    資格等

     

    薬剤師

    ACADEMIC SOCIETY

    日本薬学会(会員)

    日本学校保健学会(会員)

    日本疫学会(会員

    日本薬剤疫学会(会員

    日本薬理学会(会員)

    日本神経学会(会員)

    日本神経科学学会(会員)

    日本臨床薬理学会(会員)

    日本薬学教育学会(会員)

    日本医薬品情報学会(会員)

     

    健康・医療・教育情報評価推進機構(個人会員)

  • RESEARCH

    緑茶による疾患の予防

    インフルエンザ、認知症に対する

    緑茶の作用を明らかにするため

    ヒトを対象とした試験を実施しています

    神経変性疾患の進行を
    反映する
    バイオマーカーの探索

    パーキンソン病やアルツハイマー病の
    進行を反映するバイオマーカーを
    探索しています

    メタアナリシスによる
    エビデンスの確立

    複数の臨床試験の結果を統合し、

    評価しています

  • PUBLICATIONS

    学術論文、解説・総説、プロシーディング、その他(商業誌など)
    現在の投稿状況(2017年7月27日時点): in preparation 7, in submission 12, in revision 0

    2017

    学術論文
     
    1. Tomitaka S, Furukawa TA, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Yamada H. Characteristic distribution of the total and individual item scores on the Kessler Screening Scale for Psychological Distress (K6) in US adults. BMC Psychiatry. 2017; 17: 290. [BMC] [PDF]
    2. 千葉剛, 小林悦子, 佐藤陽子, 井出和希, 池谷怜, 山田浩, 梅垣敬三. 健康食品の利用が関連した被害通報の実態調査―消費者及び医師・薬剤師を対象としたインターネット調査―. 食品衛生学雑誌., in press. [J-Stage]
    3. 井出和希, 吉田都美, 尾板靖子, 川上浩司. 学校健診データの利活用に対する認識と理解:保護者を対象としたアンケート調査. 学校保健研究. 2017, in press. [学校保健学会]
    4. Akutagawa M, Ide K, Kawasaki Y, Yamanaka M, Iketani R, Yamada H, Masaki N. Safety profile of telaprevir-based triple therapy in elderly patients: A real-world retrospective cohort study. Biol Pharm Bull. 2017, in press. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    5. 松坂昌宏, 小林豊, 萩原紫織, 望月真太郎, 高田正弘, 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 諏訪紀衛, 鈴木高弘, 横山美智江, 伊藤譲, 北村修, 小野孝彦, 米村克彦. 静岡県の病院・薬局薬剤師による腎臓病薬物療法への取り組み:現状と課題に関するアンケート調査.日本腎臓病薬物療法学会誌 2017; 6: 15-27. [cinii]
    6. Sakakibara I, Ide K, Kawasaki Y. Feasibility of Analysis Data Model conversion of national center biobank network catalog data. Jpn J Clin Pharmacol Ther. 2017; 48 (3): 95-98. (May 2017) [J-Stage]
    7. Chiba T, Sato Y, Kobayashi E, Ide K, Yamada H, Umegaki K. Behaviors of consumers, physicians and pharmacists in response to adverse events associated with dietary supplement use. Nutr J. 2017; 16: 18. (May 2017) [PubMed] [BMC] [PDF]
    8. Kitagawa M, Ide K, Kawasaki Y, Niwata S, Matsushita K, Kaji M, Umegaki K, Yamada H. Reliability of the evaluation methods used to assess a causal relationship between dietary supplement intake and changes in adverse events. Jpn J Drug Inform. 2017; 19 (1): 24-31. (May 2017) [J-Stage] [PDF]
    9. Ide K, Kawasakia Y, Iketani R, Masaki N. Risk factors for treatment discontinuation caused by adverse events when using telaprevir, peginterferon, and ribavirin to treat chronic hepatitis C: A real-world retrospective cohort study. Biol Pharm Bull. 2017; 40 (5): 645-649. (May 2017) [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    10. Doi M, Ide K, Kawasaki Y. Bayesian indexes of superiority and equivalence and the p- value of the F-test for the variances of normal distributions. Jpn J Biometrics., in press. [J-Stage] [PDF]
    11. Akutagawa M, Kawasaki Y, Kawasaki A, Ide K, Yamada H, Masaki N. Cost-outcome description of PEG-IFN-α2b + RBV for hepatitis C: results based on the interferon database. Biol Pharm Bull. 2017; 40 (5): 594-597. (May 2017) [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    12. Iketania R, Ide K, Yamada H, Kawasakia Y, Masaki N.The safety profile of telaprevir-based triple therapy in clinical practice: a retrospective cohort study. Biol Pharm Bull. 2017; 40 (5): 687-692. (May 2017) [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    13. Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Yamada H, Furukawa TA, Ono Y. Pattern analysis of total item score and item response of the Kessler Screening Scale for Psychological Distress (K6) in a nationally representative sample of US adults. PeerJ. 2017; 5: e2987. (Feb 2017) [PubMed] [PeerJ] [PDF]
    14. Ide K, Kawasaki Y, Akutagawa M, Yamada H. Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection: An analysis using Bayesian approaches. J Altern Complement Med. 2017; 23 (2): 116-120. (Feb 2017) [PubMed] [Mary Ann Liebert]
     
    書籍
     
    1. 井出和希, 川上浩司. ライフコースデータとRWDの利活用ノウハウ. In. リアルワールドデータの市場予測と医薬品研究開発への活用.2017, 印刷中. [技術情報協会]
    2. 井出和希, 山田浩. 16. てんかん. In. 藤村昭夫, 後藤伸之, eds. エキスパートが教える薬の使い方×エビデンスの調べ方. 東京: じほう社, 2017: 142 (334)-154 (346). (2017年1月) [じほう社]
     
    その他
     
    1. 井出和希 . 市民・自治体の皆様との相互理解の形成を目指して-アンケート調査から分かったこと-.(一社)健康・医療・教育情報評価推進機ニュースレター, 印刷中.
    2. 井出和希, 川上浩司. 自治体の持つ学校健診情報の可視化とその利用に向けての基盤構築. SciREX Quarterly, 印刷中. [SciREXセンター] [PDF]
    3. Ide K, Kawakami K. How do you treat upper respiratory infections in the elderly in your practice? Med Acupunct. 2017; 29 (2): 105-113. (April 2017) [PubMed] [Mary Ann Liebert]
    4. Shimada Y, Nakagawa Y, Ide K, Sato I, Hagiwara S, Yamada H, Kawasaki Y, Maruoka Y. Importance of eliminating potential dental focal infection before the first cycle of chemotherapy in patients with hematologic malignancy. [Letter to the Editor] Support Care Cancer. 2017; 25 (5): 1379-1381. (May 2017) [PubMed] [Springer] [PDF]

    2016

    学術論文
    1. Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Yamada H, Furukawa TA, Ono Y. Relationship between item responses of negative affect items and the distribution of the sum of the item scores in the general population. PLoS ONE. 2016; 11: e0165928. [PubMed] [PLoS] [PDF]
    2. Ide K, Yamada H, Takuma N, Kawasaki Y, Morohoshi H, Takenaka A, Kaihatsu K. Effects of catechin-treated masks on the prevention of influenza infection: an exploratory randomized study. Jpn J Clin Pharmacol Ther. 2016; 47: 229-234. [J-Stage]
    3. 内山吉彬, 川﨑洋平, 井出和希, 野口真里茄, 曽我俊幸, 山田浩. 静岡県内における生物統計コンサルテーションの現状: 医療機関を対象としたアンケート. 臨床薬理. 2016; 47: 209-217. [J-Stage]
    4. Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Yamada H, Furukawa TA, Ono Y. Boundary curves of individual items in the distribution of total depressive symptom scores approximate an exponential pattern in a general population. PeerJ. 2016; 4: e2566. [PubMed] [PeerJ] [PDF]
    5. Ide K, Sato I, Imai T, Hawke P, Yamada H, Kawasaki Y, Masaki N. Comparison of the safety profiles of pegylated interferon α-2a and α-2b administered in combination with ribavirin for chronic hepatitis C infection: A real-world retrospective cohort study. Biol Pharm Bull. 2016; 39: 2060-2065. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    6. Kawasaki Y, Doi M, Ide K, Miyaoka E. A Bayesian non-inferiority index for two Poisson parameters. Cogent math. 2016; 3: 1229373. [Cogent OA] [PDF]
    7. Ide K, Yamada H, Kawasaki Y, Yamanaka M, Kawakami N, Katsuyama Y, Yoshida H, Kim K, Shiosaki E, Sonoda A, Umegaki K, Harada K. Peripheral vitamin C levels in Alzheimer’s disease: A cross-sectional study. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2016; 62: 432-436. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    8. Ide K, Kawasaki Y, Akutagawa M, Yamada H, Masaki N. Regional differences in hepatitis C treatment with peginterferon and ribavirin in Japan in both genotype 1 and genotype 2: A retrospective cohort study. Biol Pharm Bull. 2016; 39: 1538-1543. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    9. Ide K, Yamada H, Kawasaki Y, Noguchi H, Kitagawa M, Chiba T, Kagawa Y, Umegaki K. Reporting of adverse events related to dietary supplements to a public health center by medical staff: a survey of clinics and pharmacies. Ther Clin Risk Manag. 2016; 12: 1403-1410. [PubMed] [DOVE] [PDF]
    10. Kawasaki Y, Doi M, Ide K, Miyaoka E. Bayesian index to compare assumed survival functions of two hazards following exponential distributions. Cogent math. 2016; 3: 1193927. [Cogent OA] [PDF]
    11. Ide K, Yamada H, Kawasaki Y. Effect of gargling with tea and ingredients of tea on the prevention of influenza infection: a meta-analysis. BMC Public Health 2016; 16: 396. [PubMed] [BMC] [PDF]
    12. Tamano H, Ide K, Adlard P, Bush A, Takeda A. Involvement of hippocampal excitability in amyloid β-induced Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia. J Toxicol Sci. 2016; 41: 449-57. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    13. Ide K, Yamada H, Takuma N, Kawasaki Y, Harada S, Nakase J, Ukawa Y, Sagesaka YM. Effects of green tea consumption on cognitive dysfunction in an elderly population: A randomized placebo-controlled study. Nutr J. 2016; 15: 49. [PubMed] [BMC] [PDF]
    14. Tamano H, Enya Y, Ide K, Takeda A. Influences of Yokukansankachimpihange on aggressive behavior of zinc-deficient mice and actions of the ingredients on excessive neural exocytosis in the hippocampus of zinc-deficient rats. Exp Anim. 2016; 65: 353-361. [PubMed] [J-Stage] [PDF]
    15. Ide K, Kawasaki Y, Yamada H, Masaki N. Regional differences in hepatitis C treatment with peginterferon and ribavirin in Japan: a retrospective cohort study. Drug Des Devel Ther. 2016; 10: 1217-1223. [PubMed] [DOVE] [PDF]
    16. Sato I, Kawasaki Y, Ide K, Sakakibara I, Konomura K, Yamada H, Tanaka Y. Clinical Data Interchange Standards Consortium Standardization of Biobank Data: A Feasibility Study. Biopreserv Biobanking. 2016; 14: 45-50. [PubMed] [Mary Ann Liebert]
    17. Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Yamada H, Miyake K, Ono Y. Distributions of total depressive symptoms scores and negative depressive symptom items in a sample of Japanese employees. PLoS One. 2016; 11: e0147577. [PubMed] [PLoS] [PDF]
    18. Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Yamada H, Furukawa T, Ono Y. Age-related changes in the distributions of depressive symptom items in the general population: Cross-sectional study using a mathematical model. PeerJ. 2016; 4e1547. [PubMed] [PeerJ] [PDF]
     
    解説・総説
     
    1. Ide K, Kawasaki Y, Kawakami K, Yamada H. Anti-influenza virus effects of catechins: A molecular and clinical review. Curr Med Chem. 2016; 23: 4773-4783. [PubMed] [Bentham]
    2. 井出和希, 川崎洋平, 山田浩. 緑茶の効用:臨床におけるエビデンス. 機能性食品と薬理栄養. 2016; 9: 366-371.[CiNii]
     
    その他
     
    1. Ide K, Kawasaki Y, Kawakami K, Yamada H. Effects of bioactive components of green tea on Alzheimer’s disease and their structure-activity relationships. In. Atta-ur-Rahman, eds. Studies in Natural Products Chemistry (vol. xx). St. Louis, Mo.: Elsevier, 2016, in press.

    2015

    学術論文
     
    1. Ide K, Yamada H, Kitagawa M, Kawasaki Y, Buno Y, Matsushita K, Kaji M, Fujimoto K, Waki M, Nakashima M, Umegaki K. Methods for estimating causal relationships of adverse events with dietary supplements. BMJ Open 2015; 5e009038. [PubMed] [BMJ Open] [PDF]
    2. 小林豊, 吉岡雅代, 稲葉達也, 鈴木豊秀, 榊間昌哲, 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 北村修, 米村克彦. 保存期慢性腎臓病における沈降炭酸カルシウムと胃酸分泌抑制薬の相互作用を事例とした薬剤師の情報提供と医師の処方意識の変化.日本腎臓病薬物療法学会誌  2015; 4(3): 31-38. [cinii]
    3. Ide K, Yamada H, Umegaki K, Mizuno K, Kawakami N, Hagiwara Y, Matsumoto M, Yoshida H, ,Kim K, Shiosaki E, Yokochi T, Harada K. Lymphocyte vitamin C level as a potential biomarker for the progression of Parkinson’s disease. Nutrition 2015; 31: 406-408. [PubMed] [Sci Direct]
    4. 井出和希, 幾見泰洋, 木内亜弥, 曽根順子, 小島 真, 山田浩. お薬手帳の再持参率を指標とした手帳活用度の調査. 医薬品情報学. 2015; 16: 201-205. [J-stage] [PDF]
     
    解説・総説
     
    1.  Ide K, Yamada H. Clinical benefits of green tea consumption for cognitive dysfunction. PharmaNutrition 2015; 3:136-145. [Sci Direct]
     
    プロシーディング

    1. 及川久遠,川﨑洋平,芥川麻衣子,井出和希,渡辺美智子,山田浩. 数学教育におけるキャリア教育の事例研究 -模擬臨床試験を取り入れた「データの分析」の授業案について-. 2015 年度数学教育学会秋季例会予稿集.
     
    その他
     
    1. 井出和希. 分散分析・多重比較. In: 山田浩, 磯野修作, 渡辺秀章, eds. 生物統計・臨床研究デザイン テキストブック. 東京, 日本: メディカルパブリケーションズ, 2015: 88-99.

    2011-2014

    学術論文
     
    1. Ide K, Yamada H,Takuma N,Park M,Wakamiya N,Nakase J,Ukawa Y, Sagesaka Y. M. Green tea consumption effects cognitive dysfunction in the elderly: A pilot study. Nutrients 2014; 6: 4032-4042. [PubMed] [Nutrients (Open Access)]
    2. Ide K, Yamada H, Matsushita K, Ito M, Nojiri K, Toyoizumi K, Matsumoto K, Sameshima Y. Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: A randomized controlled study. PLoS One 2014; 9: e96373. [PubMed] [PLoS]
    3. Ide K, Park M, Yamada H. The effect of green tea with exceptionally high catechin content on nadolol plasma concentration. Clin. Pharmacol.Ther. 2014; 95: 588. [Letter] [PubMed]
    4. 一丸佳代#, 井出和希#, 小野彩奈, 北川 護, 成島大智, 松本圭司, 梅垣敬三, 山田浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象の因果関係評価のための樹枝状アルゴリズムの改変. 臨床薬理, 2013; 44: 405-410. (#: equal contribution) [J-Stage]
    5. Takeda A, Iwaki H, Ide K, Tamano H, Oku N. Therapeutic effect of yokukansan on social isolation-induced aggressive behavior of zinc-deficient anad pair-fed mice. Brain Res. Bull. 2012; 87: 551-555. [PubMed]
    6. Takeda A, Suzuki M, Tamano H, Takada S, Ide K, Oku N. Involvement of glucocorticoid-mediated Zn2+ signaling in attention of hippocampal CA1 LTP by acute stress. Neurochem Int. 2012; 60: 394-399. [PubMed]
    解説・総説
     
    1. 諸星晴香, 井出和希, 原田翔平, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 田熊規方, 山田浩. 研究者主導臨床試験でのデータ入力におけるエラー割合の検討. 薬理と治療, 2014, 42, 904-907.
    2. 井出和希, 山田浩. 緑茶の認知機能改善効果. 食品と科学 2014, 56, 67-73. [CiNii]
    3. 井出和希, 山田浩. 緑茶カテキンの認知症に対する抑制効果. Functional Food 2014, 8, 31-35. [CiNii]
    4. 井出和希, 山田浩. かぜ症候群 受診勧奨のポイント. 日本薬剤師会雑誌 2014; 66: 769-773. [CiNii]
    5. 井出和希, 野尻 桂, 長坂しおり, 一丸佳代, 豊泉樹一郎, 松本圭司, 山田 浩. 薬学部卒前教育における臨床研究方法論の習得-チュートリアル形式による医療統計学の指導と実践-. Clin. Res. Prof. 2013; 35-36: 60-64. [メディカル・パブリケーションズ]
    6. 井出和希. Aβの作用のはじまり-細胞のはたらきは変わりゆくのか-. 学生コロキウム (日本薬学会生物系薬学部会) , 2013, J020. [学生コロキウム]
    7. 井出和希. 認知症治療を指向した抑肝散の攻撃行動抑制メカニズム. 学生コロキウム (日本薬学会生物系薬学部会) , 2012, R018. [学生コロキウム]
    8. 井出和希. 認知機能改善の新たなターゲット IGF-II. 学生コロキウム (日本薬学会生物系薬学部会) , 2011, J006. [学生コロキウム]

     

    プロシーディング

     

    1. Ide K, Yamada H, Ito M, Matsushita K, Nojiri K, Toyoizumi K, Matsumoto K, Sameshima Y. Effect of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: A randomized controlled trial. Proceedings of the 5th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science ICOS 2013, CD-ROM.
    2. Park M, Yamada H, Takuma N, Wakamiya N, Ide K, Fujii S, Nakahara A, Suzuki T, Ukawa Y, Sagesaka YM. Effects of green tea consumption on mild-to-sevrtr cognitive impairment. Proceedings of the 5th International Conference on O-CHA (Tea) Culture and Science ICOS 2013, CD-ROM.

    その他
     
    1. 北川護, 井出和希, 成島大智, 山田浩. 健康食品の安全性をめぐる最近の話題. Functional Food 2014; 8: 52-57.
    2. 井出和希 (文: 松本利幸). お茶うがいの有効性を発表. 中日新聞, 3月26日 夕刊, 2014年.
    3. 井出和希. アルツハイマーのメカニズム. 中日新聞 8月22日 朝刊, 2013年 [中日メディカル]
  • CONFERENCES

    学会発表

    2016

    国内学会
     
    1. 池谷怜, 橋本潮里, 井出和希, 野口真里茄, 諸星晴香, 冨嶋勝夢, 北川 護, 川崎洋平, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品摂取に伴う有害事象の新規因果関係評価法: 衛生関連製品への適用の検討. 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 鳥取, 12月1日-3日, 2016年.
    2. 池谷怜, 井出和希, 内田麻貴, 山田浩, 川崎洋平, 正木尚彦. 慢性 C 型肝炎に対するテラプレビル 3 剤併用療法の安全性プロファイル評価:後ろ向きコホート研究. 第 26 回日本医療薬学会年会, 京都, 10月17日-19日, 2016年.
    3. 小林豊, 井出和希, 川崎洋平, 松坂昌宏, 高田正弘, 山田浩, 北村修. 薬剤師の研究活動の活性化に必要なものは何か?−現状と課題に関するアンケート調査−. 第 26 回日本医療薬学会年会, 京都, 10月17日-19日, 2016年.
    4. 冨嶋勝夢, 井出和希, 諸星晴香, 藤井貞子, 飯田規央, 小暮健太, 田熊規方, 川崎洋平, 山田浩. 自主臨床試験におけるモニタリング計画書の作成と活用. 第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2016 IN 大宮, 埼玉, 9月18日-19日, 2016年.
    5. 山中美絵, 井出和希, 川崎洋平, 勝山祐輔, 川上暢子, 吉田英史, 金剛, 原田 清, 原田清, 梅垣敬三, 山田浩. 認知機能低下者を対象とした自主臨床試験の症例組み入れにおける工夫. 第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2016 IN 大宮, 埼玉, 9月18日-19日, 2016年.
    6. 池谷 怜, 井出和希, 内田麻貴, 山田 浩, 川崎洋平, 正木尚彦. 慢性C型肝炎に対するテラプレビル3剤併用療法の安全性プロファイル評価:後ろ向きコホート研究. 日本医療薬学会第26回年会, 京都, 9月17日-19日, 2016年.
    7. 冨高辰一郎, 川崎洋平, 井出和希, 山田浩, 古川壽亮, 大野裕. 一般人口における抑うつ評価尺度の総スコア分布と項目反応の数理的特徴(1)-分布解析編-. 2016年度 統計関連学会連合大会, 石川, 9月, 2016年.
    8. 冨高辰一郎, 川崎洋平, 井出和希, 芥川麻衣子, 山田浩, 大野裕, 古川壽亮. 一般人口における抑うつ評価尺度の総スコア分布は潜在特性の分布に近似する(2)-順序尺度のミュレーション編-. 2016年度 統計関連学会連合大会, 金沢, 9月, 2016年.
    9. 井出和希, 川崎洋平, 原田翔平, 諸星晴香, 田熊規方, 藤井貞子, 八幡由美子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 中瀬純平, 卯川裕一, 提坂裕子, 山田浩. 認知機能低下に対する緑茶抹摂取の作用:ランダム化比較対照試験. 医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム, 滋賀, 6月, 2016年.
    10. 井出 和希, 野口 真里茄, 川崎 洋平, 北川 護, 千葉 剛, 賀川 義之, 梅垣 敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集と報告: 診療所を対象とした調査. 第19回日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 東京, 6月, 2016年.
    11. 野口 真里茄, 井出 和希, 川﨑 洋平, 北川 護, 千葉 剛, 賀川 義之, 梅垣 敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集と報告:保険薬局を対象とした調査. 第19回日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 東京, 6月, 2016年.
    12. 井出 和希, 野口 真里茄, 川﨑 洋平, 北川 護, 千葉 剛, 賀川 義之, 梅垣 敬三, 山田 浩. いわゆる健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集:診療所を対象とした調査. 第1回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会, 静岡, 5月, 2016年.
    13. 野口 真里茄, 井出 和希, 川﨑 洋平, 北川 護, 千葉 剛, 賀川 義之, 梅垣 敬三, 山田 浩. いわゆる健康食品の摂取に伴う有害事象情報の収集:薬局を対象とした調査. 第1回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会, 静岡, 5月, 2016年.
    14. 内山 吉彬, 川崎 洋平, 井出 和希, 野口 真里茄, 曽我 俊幸, 山田 浩. 医療機関における生物統計コンサルテーションの実施状況及び支援内容の調査. 第1回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会, 静岡, 5月, 2016年.
    15. 土居正明 , 井出和希, 川崎洋平.Bayes 流指標による正規分布の分散の優越性・同等性の検討. 日本計算機統計学会第30回大会, 京都, 5月, 2016年.
    16. 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 正木尚彦. 慢性C型肝炎治療の地域差:全国規模のデータベースによるゲノタイプ毎の解析. 日本薬学会第136年会, 神奈川, 3月, 2016年.
    17. 森下結, 井出和希, 川崎洋平, 冨高辰一郎, 山田浩. 抑うつ指標 K6 の年齢分布に関する検討. 日本薬学会第136年会, 神奈川, 3月, 2016年.
     
    国際学会
     
    1. Noguchi M, Ide K, Kawasaki Y, Chiba T, Kagawa Y, Umegaki K, Yamada H. Adverse events reports related to dietary supplements to a public health center by medical staff: a survey of pharmacies and clinics. ICPF 2016, Shizuoka, November 2016.
    2. Ide K, Kawasaki Y, Yamada H, Masaki N. Regional differences in hepatitis C treatment in Japan: A study using a nationwide database. APASL 2016, Tokyo, February 2016.
    3. Akutagawa M, Kawasaki Y, Kawasaki A, Ide K, Yamada H, Masaki N. Cost-effectiveness of IFN + RBVα2b for hepatitis C: results based on the interferon database. APASL 2016, Tokyo, February 2016.

    2015

    国内学会
     
    1. 井出和希, 川崎洋平, 山田浩. 認知機能低下に対する茶及びその成分の作用:臨床的エビデンスの検討. 第12回 日本カテキン学会 年次学術大会, 鹿児島, 12月, 2015年.
    2. 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 正木尚彦. 慢性C型肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法の奏効率:地域差を考慮した解析. 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 12月, 東京, 2014年.
    3. 川﨑洋平, 井出和希, 野田誠紀, 芥川麻衣子, 山田浩. 学部教育における研究室配属薬学生へのSAS演習の実践. 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2015年.
    4. 川﨑温子, 芥川麻衣子, 井出和希, 川﨑洋平, 山田浩, 正木尚彦. 全国規模のデータベースを用いた慢性C型肝炎患者における費用対効果の検討. 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2015年.
    5. 諸星晴香, 井出和希, 北川護, 川崎洋平, 梅垣敬三, 山田浩. ヒトにおける食品でのインフルエンザ予防のエビデンスに関する検討. 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2015年.
    6. 芥川麻衣子, 川﨑洋平, 原茂 恵美子, 榊原伊織, 川﨑温子, 井出和希, 山田浩. 薬剤の費用対効果分析におけるビジュアライゼーションの現状. 第36回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2015年.
    7. 井出和希, 川崎洋平, 山田浩, 正木尚彦. 慢性C型肝炎に対するペグインターフェロン・リバビリン併用療法の地域差:インターフェロンデータベースを用いた解析. 日本薬剤疫学会 第21回学術総会, 埼玉, 11月, 2015年.
    8. 井出和希, 川崎洋平, 賀川義之, 石川智久, 尾上誠良, 南 智, 望月亜希子, 生駒洋子, 奥直人, 山田 浩. 「Research Integrity」を担保するCRC/CRAの養成:11年間の変遷と展望. 第15回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2015 in KOBE, 兵庫, 9月, 2015年.
    9. 及川久遠,川﨑洋平,芥川麻衣子,井出和希,渡辺美智子,山田浩. 数学教育におけるキャリア教育の事例研究 -模擬臨床試験を取り入れた「データの分析」の授業案について-. 2015 年度数学教育学会秋季例会, 京都, 9月, 2015年.
    10. 井出和希, 川崎洋平, 若宮紀子, 朴 美貞, 田熊規方, 藤井貞子,中原あつ子, 鈴木剛士, 中瀬純平, 卯川裕一, 提坂裕子, 山田 浩. 緑茶抹摂取の認知機能低下に対する作用と臨床検査値の変動:探索的介入試験. 第132回日本薬理学会関東部会, 千葉, 7月, 2015年.
    11. 武野佑磨, 井出和希, 北川 護, 松下久美, 加治正行, 川崎洋平, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う健康被害報告の因果関係評価:架空事例による信頼性の検討. 第18回日本医薬品情報学会学術大会, 岡山, 6月, 2015年.
    12. 諸星晴香, 井出和希, 原田翔平, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 田熊規方, 川﨑洋平, 山田 浩. 研究者主導臨床試験における入力データのエラー割合とその継時的変化. 第18回日本医薬品情報学会学術大会, 岡山, 6月, 2015年.
    13. 井出和希, 賀川義之, 石川智久, 山田静雄, 中野眞汎, 南 智, 望月亜希子, 生駒洋子, 豊岡利正, 野口博司, 山田 浩. 卒前・卒後教育による創薬育薬スタッフの養成:10年間の変遷. 日本薬学会第135年会, 兵庫, 3月, 2015年.
    14. 諸星 晴香, 井出 和希, 伊東 未来, 豊泉 樹一郎, 野尻 桂, 松本 圭司, 松下 久美, 鮫島 庸一, 川﨑
      洋平, 山田 浩. 緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果の検証に向けた臨床試験の比較検討.日本薬学会第135年会, 兵庫, 3月, 2015年.
    15. 諸星晴香, 井出和希, 伊東未来, 野尻 桂, 松本圭司, 松下久美, 鮫島庸一, 川崎洋平, 山田 浩. 緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果の検証に向けた比較検討. 第30回 茶学術研究会, 静岡, 3月, 2015年.
     
    国際学会
     
    1. Ide K, Kawasaki Y, Yamada H. Clinical evidence of green tea consumption for cognitive dysfunction. The 19th Shizuoka Forum on Health and Longevity, Shizuoka, October, 2015.

    2014

    国内学会
     
    1. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. 認知症周辺症状に対するメマンチンの作用:メタアナリシスによる作用の評価と各症状に及ぼす影響の検討. 第35回 日本臨床薬理学会学術総会, 愛媛, 12月, 2014年. 
    2. 北川 護, 一丸佳代, 武野佑磨, 上村臣人, 井出和希, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品による有害事象の因果関係評価:ポイント制評価法の開発と改変-. 第35回日本臨床薬理学会学術総会, 愛媛, 12月, 2014年.
    3. 一丸佳代, 井出和希, 北川 護, 武野佑磨, 上村臣人, 長坂しおり, 野尻 桂, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象の因果関係評価:樹枝状アルゴリズムの構築. 第35回日本臨床薬理学会学術総会, 愛媛, 12月, 2014年.
    4. 上村臣人, 武野佑磨, 一丸佳代, 井出和希, 北川 護, 長坂しおり, 野尻 桂, 原田翔平, 大和健太郎, 諸星晴香, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象の因果関係評価:薬学実務実習の経験と因果関係評価の信頼性との関係. 第35回日本臨床薬理学会学術総会, 愛媛, 12月, 2014年.
    5. 原田翔平, 井出和希, 諸星 晴香, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 田熊規方, 山田 浩. 自主臨床試験におけるデータマネジメント;データ入力時のエラー割合の検討.第35回日本臨床薬理学会学術総会, 愛媛, 12月, 2014年.
    6. 諸星 晴香, 伊東 未来, 豊泉 樹一郎井出 和希野尻 桂松本 圭司松下 久美鮫島 庸一山田 浩.緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果-ランダム化比較試験による検証. 第11回日本カテキン学会年次学術大会, 東京, 2014年, 11月.
    7. 塩谷悠介,井出和希 ,玉野春南,武田厚司. 海馬グルタミン酸作動性神経の過剰興奮に対する抑肝散生薬成分の抑制作用. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2014, 静岡, 11月, 2014年.
    8. 野尻桂,伊東未来,井出和希,豊泉樹一郎,松本圭司,松下久美,鮫島庸一,山田浩. 高校生を対象とした緑茶うがいによる急性上気道炎の発症予防及び症状軽減効果の検討. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2014, 静岡, 11月, 2014年.
    9. 諸星 晴香, 井出和希, 原田翔平, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 田熊規方, 山田 浩. 研究者主導臨床試験でのデータ入力におけるエラー割合の検討. 第14回CRCのあり方会議, 静岡, 10月, 2014年.
    10. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. 茶に含まれる成分によるうがいのインフルエンザ予防効果: メタアナリシス. 第17回日本医薬品情報学会, 鹿児島, 7月, 2014年.
    11. 武野佑磨, 井出和希, 一丸佳代, 北川護, 松下久美, 江川順江, 木村雅芳, 梅垣敬三, 山田浩. 健康食品の摂取に伴う健康被害報告の因果関係評価:多職種による検討. 第17回日本医薬品情報学会, 鹿児島, 7月, 2014年.
    12. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩.アルツハイマー型認知症周辺症状に対するメマンチンの作用:メタアナリシスによる作用の評価. 医療薬学フォーラム2014, 東京, 7月, 2014年
    13. Ide, K., Yamada, H., Umegaki, K., Mizuno, K., Kawakami, N., Hagiwara, Y., Matsumoto, M., Yoshida, H., Kim, K., Shiosaki, E., Yokochi, T., Harada, K. Lymphocyte vitamin C level is associated with Parkinson's disease progression. 第55回日本神経学会, 福岡, 5月, 2014年.
    14. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. 茶およびその成分によるうがいのインフルエンザ予防効果: メタアナリシスによるエビデンスの確立. 茶学術研究会, 3月, 静岡, 2014年. [学術奨励賞受賞
    15. 原田翔平, 田熊規方, 井出和希, 若宮紀子, 朴 美貞, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 中瀬順平, 卯川裕一, 提坂裕子, 山田 浩. 緑茶末の摂取により振戦が軽快したパーキンソン症候群の1例. 茶学術研究会, 静岡, 3月, 2014年. 
    16. 井出和希, 山田 浩, 伊東未来, 松下久美, 野尻 桂, 豊泉樹一郎, 松本圭司, 鮫島庸一. 緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果の検証:多施設共同ランダム化比較対照試験. 日本薬学会第134年会, 熊本, 3月, 2014年. [講演ハイライト選出]
     
    国際学会
     
    1. Ide K,Yamada H, Umegaki K, Mizuno K, Kawakami N, Hagiwara Y, Matsumoto M, Yoshida H, Kim K, Shiosaki E, Yokochi T, Harada K. Lymphocyte and plasma vitamin levels as potential biomarkers for Parkinson's disease progression. ESPEN 2014, Geneva, September, 2014. [Outstanding Abstract]
    2. Kitagawa M, Yamada H, Ide K, Matsumoto K, Narushima D, Umegaki K. Application of a newly designed scale for the evaluation of causal relationships of adverse events associated with dietary supplements. ESPEN 2014, Geneva, September, 2014.
     

    2013

    国内学会

     

    1. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. お茶及びその成分によるうがいのインフルエンザ予防効果 -介入試験を対象としたメタアナリシス-. 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2013年
    2. 一丸佳代, 小野彩奈, 井出和希, 北川 護, 武野佑磨, 成島大智, 千葉 剛, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う有害事象の因果関係評価法: 評価項目の重み付けによる信頼性の改善. 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2013年
    3. 成島大智, 井出和希, 山田 浩. 有害事象データベースを利用した新規糖尿病治療薬の副作用シグナル評価. 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2013年
    4. 北川 護, 一丸佳代, 小野彩奈, 井出和希, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品による有害事象の因果関係評価 -評価者特性による評価結果の違いについての考察-. 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 東京, 12月, 2013年
    5. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. アルツハイマー型認知症に対するメマンチンの作用: ランダム化比較対照試験を対象としたメタアナリシス. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2013, 三重, 11月, 2013年
    6. 若宮紀子, 井出和希, 朴 美貞, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 田熊規方, 山田 浩. 認知機能低下者を対象とした自主臨床試験の信頼性確保について. 第13回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議, 千葉, 9月, 2013年
    7. 原田翔平, 武野佑磨, 大和健太郎, 野尻 桂, 長坂しおり, 一丸佳代, 井出和希, 豊泉樹一郎, 松本圭司, 山田 浩. 薬学部研究室におけるDM/統計セミナーの実践と到達度評価について. 第13回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議, 千葉, 9月, 2013年
    8. 井出和希, 豊泉樹一郎, 山田 浩. 緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果 -介入試験を対象としたメタアナリシス-. 第16回 日本医薬品情報学会, 愛知, 8月, 2013年
    9. 一丸佳代, 小野彩奈, 井出和希, 北川 護, 成島大智, 松本圭司, 小菅和仁, 梅垣敬三, 山田 浩. 健康食品の摂取に伴う健康被害報告の因果関係評価のための樹枝状アルゴリズムの構築. 第16回 日本医薬品情報学会, 愛知, 8月, 2013年
    10. 井出和希, 水野勝貴, 丸浜伸一郎, 澤村正典, 中西悦郎, 金 剛, 塩崎恵美, 横地常広, 小菅和仁, 梅垣敬三, 原田 清, 山田 浩. パーキンソン病患者における重症度分類とリンパ球ビタミンC濃度の相関, 日本薬学会東海支部, 愛知, 7月, 2013年
    11. 井出和希, 玉野春南, 安藤正樹, 奥 直人, 武田厚司. アミロイドβ投与による視床下部-下垂体-副腎皮質系の機能亢進と周辺症状様行動. 日本薬学会 第133年会, 神奈川, 3月, 2013年. [優秀発表賞受賞]
    12. 伊東未来, 山田 浩, 松下久美, 豊泉樹一郎, 井出和希, 野尻 桂, 松本圭司, 鮫島庸一. 緑茶うがいによるインフルエンザ予防効果の検証 -高校生を対象とした多施設共同ランダム化比較試験-. 第28回 茶学術研究会, 静岡, 3月, 2013年
    13. 若宮紀子, 朴 美貞, 井出和希, 田熊規方, 藤井貞子, 中原あつ子, 鈴木剛士, 中瀬純平, 卯川裕一, 提坂裕子, 山田 浩. 緑茶摂取の認知機能及び動脈硬化指標に及ぼす影響について. 第28回 茶学術研究会, 静岡, 3月, 2013年
    14. 野尻 桂, 山田 浩, 松下久美, 伊東未来, 豊泉樹一郎, 井出和希, 松本圭司, 鮫島庸一. 高校生を対象とした緑茶うがいによる急性上気道炎の予防及び症状軽減効果の検討. 第28回 茶学術研究会, 静岡, 3月, 2013年
     
    国際学会
     
    1. Tamano H, Ide K, Takada S, Adlard PA, Bush AI, Takeda A. Amyloid-beta mediated enhancement of the hypothalamus-pituitary-adrenal axis activity and behavioral abnormality. ISTERH 2013, Tokyo, November, 2013
    2. Ide K, Yamada H, Ito M, Matsushita K, Nojiri K, Toyoizumi K, Matsumoto K, Sameshima Y. Effects of green tea gargling on the prevention of influenza infection in high school students: A randomized-controlled study. ICOS2013, Shizuoka, November, 2013
    3. Park M, Yamada H, Takuma N, Wakamiya N, Ide K, Fujii S, Nakahara A, Suzuki T, Ukawa Y, Sagesaka YM. Effects of green tea consumption on mild-to-sevrtr cognitive impairment. ICOS 2013, Shizuoka, November, 2013
    4. Ide K, Wakamiya N, Park M, Takuma N, Fujii S, Nakahara A, Suzuki T, Nakase J, Ukawa Y, Sagesaka YM, Yamada H. Effects of green tea consumption on cognitive dysfuntion: An exploratory clinical study. WCN 2013, Vienna, September, 2013

    2012

    国内学会
     
    1. 井出和希, 高田俊介, 玉野春南, 奥 直人, 武田厚司. アミロイドβタンパク質の脳室内等よによる認知症周辺症状モデルの確立. フォーラム2012: 衛生薬学・環境トキシコロジー, 愛知, 10月, 2012年
    2. Ide K, Takada S, Tamano H, Oku N, Takeda A. Isolation-induced aggressive behavior and object recognition memory of amyloid β protein-injected mice. 第35回日本神経科学大会, 名古屋, 9月, 2012年
    3. 井出和希, 岩城はるか, 玉野春南, 奥 直人, 武田厚司. グルタミン酸神経系の調節を介した抑肝散の攻撃行動抑制効果. 第58回 日本薬学会東海支部 総会・大会, 静岡, 7月, 2012年
     
    国際学会
     
    1. Ide K, Iwaki H, Tamano H, Oku N, Takeda A. Social isolation-induced aggressive behavior of zinc-deficient mice and effect of yokukansan. ICPF2012, Shizuoka, November, 2012

    2011

    国内学会
     
    井出和希, 岩城はるか, 玉野春南, 武田厚司, 奥 直人. 亜鉛不足による隔離飼育マウスの攻撃性増大メカニズムと抑肝散の効果. フォーラム2011: 衛生薬学・環境トキシコロジー, 石川, 10月, 2011年
  • LINK

  • CONTACT

    Email